オオクワ飼育その2|有限会社コークスは、京都(福知山・綾部・舞鶴)・大阪・兵庫を中心に複合機・事務機器販売を行っています

オオクワ飼育その2

前回の投稿から約半年が経ちました。

その間、オオクワの幼虫たちは無事に冬を越えてどんどん大きくなっています。
あれから2回の菌糸ビン交換が終わりあとは成虫になるのを待つだけとなりました。

(前回のオオクワ飼育ブログはこちら >>)
オオクワ幼虫29g
1月上旬に菌糸ビンを交換した時の写真です!
この大きさどうですか?
重さを測定すると29gとても大きくなっています(^^)

30gに届きそうな立派な幼虫が姿を表しました。

そして4月上旬に菌糸ビンを交換した時の写真がこちら!!
オオクワ36g
なんと36gです!
目標にしていたのが30g超えだったのでとても嬉しいです。
フンの重さを引いても35gは確実にあります。
無事に羽化すると80ミリ超えは確実な個体ですね(^^)

実はここからが正念場なのです
大きい個体ほど無事に羽化する確率が下がってくるのです。
場合によっては人口的な蛹室に移動しないといけないかもしれません。

下の画像はメスの蛹です。
つい先日蛹になりました。
こんな感じで部屋を作ってその中で蛹になります。
オオクワのさなぎ

次回は成虫の紹介ができたらいいなと思います